中国外商投資法:中国商務部(MOFCOM)が苦情処理メカニズムの草案を発表

    April 2020

    中国(2020年4月20日)

    2020年1月1日から施行された中華人民共和国の外商投資法は、外国投資企業(FIE)が苦情処理メカニズムを通じて行政機関との紛争を解決できると規定しています。このような苦情処理メカニズムは全く新しい方策ではありません。2006年に中国商務部(MOFCOM)は、「外国投資企業の苦情処理のための暫定措置」(「暫定措置」)を発表し、これにより、苦情処理の基本機能が確立されました。2020年3月23日にMOFCOMは、この暫定措置の改正として、「外国投資企業の苦情を処理するための運用措置案(意見公募用)」(「運用措置案」)を発表しました。本記事では、暫定措置と運用措置案を比較検討し、運用措置案に基づいた苦情処理について分析しています。

    China Foreign Investment Law: MOFCOM Issues Draft Complaint Mechanism