東京オフィス 新型コロナウイルスがもたらすビジネス上の課題への取り組み

    April 2020

    新型コロナウイルス(COVID-19)が日本及び世界各国の経済とビジネス活動に及ぼす影響が瞬く間に深刻化してきた今、法律に基づいた的確な対応が一層大切になってまいりました。

    スクワイヤ·パットン·ボグスは、日本及び海外の様々な法的問題に関する豊富な経験と世界各国にオフィス拠点を有する強みを最大限活かし、新型コロナウイルスの蔓延によりクライアントの皆様が直面している問題の打開に向けて尽力しております。

    世界各国のオフィスにおいて、新型コロナウイルスに関する最新の状況と課題を分析し、急激に変化する法律、政治及び経済の状況をリアルタイムに把握し、引き続き下記の各分野においてこの難題への対応について的確に助言してまいります。

    東京オフィス(スクワイヤ外国法共同事業法律事務所)では日本で活動する企業及び海外で活動する日本企業に対して日本と各国の法律の違いをわかりやすく説明しながら戦略的アドバイスのご提供を心掛けております。