パトリシア・ドーシは、当事務所の運輸・インフラ・地方自治体公共政策分野のパートナーです。運輸機関、企業、地方自治体が連邦政府に対する目標を達成するための支援を行っており、その中でも特に自動車業界のクライアントが連邦政府の規制要件やコンプライアンス問題に対処することを支援しています。

    ドーシは、連邦政府内で運輸政策や法律を形成してきた豊富な経験があります。下院運輸・インフラ委員会の高速道路・輸送小委員会で下院多数派の法律顧問を務め、高速道路の資金調達、環境の合理化、自動車運輸の安全性に関する議会の優先事項を推進しました。同小委員会では、連邦自動車運輸安全局を設立し、トラックおよびバスの安全監視、研究、事故防止のための資金を大幅に増やす、自動車運輸安全改善法案を作成しました。

    連邦道路管理局内の弁護士であったドーシは、年間400億ドルの連邦補助道路プログラムを再承認する同局による法案作成の中心人物でした。

    また、米国公共交通機関協会(APTA)の法案作成顧問を務め、1500もの官民の交通機関提供者を代表して、交通機関への資金調達、金融、税制から、Buy American条項などの幅広い連邦補助金の要件に至るまで、連邦議会や連邦政府機関に提言を行いました。

    Award Mouse thought multimedia interface book medal screen monitor

    学歴

    • カンザス大学, J.D.
    • ウィスコンシン大学, B.A.

    弁護士資格

    • ワシントンDC, 1992

    {{insights.date}} {{insights.source}} {{insights.type}}
    Award Mouse thought multimedia interface book medal screen monitor