Award Mouse thought multimedia interface book medal screen monitor

    企業再編・事業再生および倒産関連

    当事務所は、複雑かつ困難な海外の大型再編案件や国内の倒産案件を数多く取り扱ってきました。企業再編は当事務所の得意とする分野の1つでもあります。

    さらに、大規模な会社更生案件などを扱ってきた経験豊かな弁護士を中心に、ファイナンス法の分野における最先端の法技術や最新の法改正動向などに対応した適確な事業再生プランの作成をサポートし、プレパッケージ型再生案件から裁判所の手続を利用した各種倒産案件まで対応することができます。

    なお、スクワイヤ・パットン・ボグズは、エンロンのチャプター11手続において無担保債権者委員会の外部顧問を務め、また、ワールドコムのチャプター11手続においては債務者側代理人を務めるなど、倒産法の分野では全米最大手の1つとして活動しています。

    • 日本の製薬会社の米国子会社・関連会社再編に伴う米国企業への資産売却
    • 日本の石油精製会社の再編に伴う米国子会社株式の売却
    • 日本の自動車会社の米国子会社・関連会社の再編に伴う連邦および各州の関連法規制の調査、またこれに基づく不実表示に伴うリスクを避けるための公表タイミング・内容への助言、ディーラーなど関連当事者から提起される可能性がある訴訟リスクの査定、ディーラーなど関連取引先との関係維持および整理、従業員の雇用関係維持および整理
    • 日本の上場企業による持株会社に対する破産申立案件(債権者側)

    {{insights.date}} {{insights.source}} {{insights.type}}