Award Mouse thought multimedia interface book medal screen monitor

金融サービス

当事務所のグローバル金融サービスチームは、金融機関、投資家、ボロワー(事業会社等)、行政機関を含む広範な金融サービスセクターの参加者に対し、法的アドバイスを提供するのみならず、様々な公的バックグラウンドを有するパブリックポリシー・アドバイザーによる政策的側面からのアドバイスも行っています。

当事務所の東京オフィスは、航空機ファイナンス及びリース取引を中心としたストラクチャード・ファイナンス、プロジェクト・ファイナンス、バンキング、キャピタル・マーケッツ等多岐にわたる法的アドバイスを提供しています。

航空機ファイナンス

当事務所は航空機、航空機エンジンに関するファイナンス取引に関して、航空会社、銀行、リース会社、投資家等の広範なクライアントに対し、数十年にわたりアドバイスを提供してきています。

東京オフィスの航空機ファイナンスチームは日本における最も経験豊富で信頼性の高い航空機ファイナンスチームの1つであり、複雑なファイナンス取引に関して、レッサー、レンダー、航空会社、投資家のいずれの立場からもアドバイスを行っています。

金融・証券規制法

キャピタル・マーケットにおける資金調達の重要性が増すなか、当事務所では証券規制に関する法的サービスの提供に力を入れています。具体的には以下のようになります。

また、当事務所の弁護士は、国内外の各種金融機関(外資系銀行、日本のメガバンク・地方銀行・信用組合・業界団体、国内外の損害保険会社・再保険会社を含む)に対して、銀行法、保険業法などの各種業法に関する法的アドバイスも行なっています。

  • 海外および日本国内の多数のレバレッジドリースおよびオペレーティングリースの取引案件で、日本のレッサー、アレンジャー、レッシーを代理。(主なクライアント:伊藤忠商事、AIRDO、NTTファイナンス、オリックス、クレディ・アグリコル銀行、興銀リース、JA三井リース、昭和リース、新生銀行、全日空商事、全日本空輸、ドイツ銀行、東京センチュリーリース、東銀リース、日本貨物航空、Peach Aviation、芙蓉総合リース、みずほ証券、三井住友銀行、三井住友信託銀行、三菱UFJ 信託銀行、バニラエアー)
  • 海外向けおよび日本国内向けの多数の航空機のオペレーティング・リース、ファイナンス・リース、JOLCO及びローンの取引において、国内外のリース会社、銀行、投資家、エアラインを代理
  • 日本企業の米国での株式等有価証券の発行・募集・売出に関する法的アドバイス

{{insights.date}} {{insights.source}} {{insights.type}}