オリバー・ガイスは、当事務所のグローバルボードのメンバーです。欧州連合およびドイツにおける競争法並びに外国直接投資法(FDI)を専門分野としています。

    主に欧州委員会やドイツ連邦カルテル庁における大規模なカルテル調査や、国内裁判所における民事賠償訴訟において、航空貨物、LCDスクリーン、光ディスクドライブ、冷凍コンプレッサー、産業用バッテリーに関わる企業の代理を務めた経験があります。彼はこの分野において最前線に立ち、定期的に執筆を行っています。

    また、欧州および国内当局へのクロスボーダー案件に伴うFDI届出に関するアドバイスも数多く行っています。化学、エネルギー、消費財、医薬品、電気通信など、さまざまな産業分野で豊富な経験を有し、ルクセンブルクの欧州裁判所においてクライアントの代理することも多く、販売契約や共同売買契約などの商業契約におけるEU国家補助法や競争法の側面についてもアドバイスを行っています。

    Award Mouse thought multimedia interface book medal screen monitor
    • 欧州委員会における5つの大規模カルテル調査において、クライアントを代理(そのうち2つは5大カルテル)。
    • 大手化学品会社2社による32億米ドルの合併においてEUの合併承認を先導。
    • 航空宇宙および半導体分野における多国間直接投資承認の申請をコーディネート。
    • カルテル調査およびドイツ連邦裁判所への100件超の合併申請において、クライアントを代理。
    • 欧州司法裁判所における画期的な国家補助案件において、飲料メーカーを代理。
    • ドイツの裁判所で提起された最も高額なカルテル賠償訴訟を含むカルテル被害に関する民事訴訟において、被告となるクライアントを代理。
    • 国際仲裁事件において、移動の自由を含むEU法のあらゆる側面についてアドバイスを提供。

    学歴

    • ダルムシュタット高等裁判所,第二次試験合格, 2000
    • ヨハン・ヴルフガング・ゲーテ大学, 第一次国家試験合格, 1998
    • レスター大学, 英国法学科在籍, 1996

    弁護士資格

    • ドイツ, 2001

    言語

    • 英語
    • ドイツ語
    • フランス語

    {{insights.date}} {{insights.source}} {{insights.type}}
    Award Mouse thought multimedia interface book medal screen monitor