クリストファー・ゴードンは競争法・独占禁止法プラクティスグループのメンバーです。ゴードンの業務には、民事及び刑事訴訟に関する案件の対応、連邦及び州政府の調査の対応、連邦取引委員会(FTC)、司法省反トラスト局及び州競争当局におけるM&A案件の代理、様々な合弁事業、マーケティング及び流通実務についてのクライアントへのアドバイスが含まれます。ゴードンは、グローバルな競争法コンプライアンスプログラムの策定と実施に豊富な経験があり、消費者保護の問題、広告、業界団体の活動を含む様々な問題に取り組んで参りました。

    ゴードンは、様々な業界のクライアントにアドバイスを提供してきました。特に、病院及びヘルスケアの競争法関連の問題に重点を置いています。ゴードンは、連邦及び州競争当局、並びに民事訴訟においてヘルスケア関連のクライアントを代理し、また、マネージドケア契約、診療所の統合、及びサービス提供者の協業に関連する競争法の問題についてクライアントにアドバイスを行ってきました。ゴードンはまた、化学、製造、医薬品、金融サービス、航空宇宙、鉄鋼、エンターテインメント、運送、食品及び飲料、消費者向け製品といった業界のクライアントにアドバイスを行ってきました。

    ゴードンは、刑事及び民事の競争法関連訴訟の豊富な経験があります。ゴードンは、価格協定に関する司法省の刑事調査、及びシャーマン法違反を主張する民事のクラスアクションにおいてクライアントを弁護してきました。

    彼は、コロンビア特別区弁護士会(the District of Columbia Bar)及び米国法曹協会の反トラスト法セクションのメンバーです。

    Award Mouse thought multimedia interface book medal screen monitor

    学歴

    • バージニア大学, J.D., 1998
    • バージニア大学, B.A., 1995

    弁護士資格

    • ワシントンDC, 1999

    米国裁判所出廷・弁論資格

    • 米国連邦巡回区控訴裁判所コロンビア特別区
    • 米国連邦地方裁判所コロンビア特別区

    {{insights.date}} {{insights.source}} {{insights.type}}
    Award Mouse thought multimedia interface book medal screen monitor