ジョージ・グラマスはスクワイヤ・パットン・ボグズの国際通商および国家安全保障プラクティス・グループの共同代表です。主に輸出管理規則(EAR)および国際武器取引規則(ITAR)等の通商規制案件、外国資産管理室(OFAC)、制裁措置、腐敗防止対策、対米外国投資委員会(CFIUS) によるM&A取引の審査承認など多種多様な通商規制の問題を扱い、とりわけ通商コンプライアンスや米国の国家安全保障問題等の解決に強みを持っています。


    ジョージ・グラマスはスクワイヤ・パットン・ボグズの国際通商および国家安全保障プラクティス・グループの共同代表です。主に輸出管理規則(EAR)および国際武器取引規則(ITAR)等の通商規制案件、外国資産管理室(OFAC)、制裁措置、腐敗防止対策、対米外国投資委員会(CFIUS) によるM&A取引の審査承認など多種多様な通商規制の問題を扱い、とりわけ通商コンプライアンスや米国の国家安全保障問題等の解決に強みを持っています。

    対米外国投資委員会(CFIUS) 創立以来30年間にわたり、グラマスは米国以外の企業に対し、米国における事業への参入や拡大のために規制上の障壁を打開し、国家安全保障審査の対応策につき助言をして参りました。また、米国国務省の諮問委員および、輸出管理にかかる事業者団体委員会の委員長も務めた経験も持ち合わせています。

    Award Mouse thought multimedia interface book medal screen monitor

    学歴

    • ウィリアム・ミッチェル・カレッジ・オブ・ロー, J.D., アソシエイト・エディター、ウィリアム・ミッチェル・ロー・レビュー, 1988
    • ローレンス大学, B.A., 1984

    弁護士資格

    • ワシントンDC, 1990

    米国裁判所出廷・弁論資格

    • 米国連邦巡回区控訴裁判所コロンビア特別区
    • 米国連邦巡回控訴裁判所, 1991
    • 国際貿易裁判所

    {{insights.date}} {{insights.source}} {{insights.type}}
    Award Mouse thought multimedia interface book medal screen monitor