広瀬久雄は航空機ファイナンスおよびリース取引を中心としたストラクチャードファイナンス、証券・金融取引法、倒産法、M&Aや一般企業法務において豊富な経験を有する。外資系銀行のジェネラルカウンセルを務めた経験もあり、企業法務および金融庁検査にも精通する。

    Chambers GlobalおよびChambers Asia-Pacificより「高い評判を博し、同分野において最も優れた日本の弁護士の一人」と評され、アセットファイナンス分野におけるアジアを代表する弁護士として過去10年間連続で選ばれている。

    Award Mouse thought multimedia interface book medal screen monitor
    • Ÿ  海外および日本国内の多数のレバレッジドリースおよびオペレーティングリースの取引案件で、日本のレッサー、アレンジャー、レッシーを代理。(主なクライアント:伊藤忠商事、AIRDO、NTTファイナンス、オリックス、クレディ・アグリコル銀行、興銀リース、JA三井リース、昭和リース、新生銀行、全日空商事、全日本空輸、ドイツ銀行、東京センチュリーリース、東銀リース、日本貨物航空、Peach Aviation、芙蓉総合リース、みずほ証券、三井住友銀行、三井住友信託銀行、三菱UFJ 信託銀行、バニラエアー)

    学歴

    • 最高裁判所司法研修所修了, 1979
    • 早稲田大学, LL.B., 1976

    言語

    • 英語
    • 日本語

    {{insights.date}} {{insights.source}} {{insights.type}}
    Award Mouse thought multimedia interface book medal screen monitor