ルードミラ (ミラ)・カスーキーは、国内および国際的な政策における経験を生かして、通商関連の案件でクライアントを支援しています。多国籍企業、主権国家の政府や法人、準政府機関に対して、通商政策、法律、規制などの幅広い分野でアドバイスを行っています。カスーキーは、適用除外申請手続きを含む米国通商拡大法232条に関わる様々な状況への対応で活躍しており、現在取られている措置や今後取られる可能性のある新たな措置の影響について、クライアントに日常的にアドバイスを行っています。また、米国・メキシコ・カナダ協定(USMCA)や米国・日本・EU間の交渉など、現在行われている、あるいは行われる可能性のある新たな通商交渉の影響についても、日常的にクライアントに助言しています。

    ロースクールに入学する前は、ホワイトハウス環境品質評議会の議長特別補佐官を務め、行政府の日常業務を直接経験しました。同評議会では、議長やその政策顧問チームと緊密に連携し、「エネルギー安全保障と気候変動に関する主要経済国会議」など、行政の重要な政策やプログラムの開発・運営を担当しました。

    ロースクール在学中は、元ホワイトハウス顧問、元駐EU米国大使のC.ボイデン・グレイ氏のアシスタントを務めました。学生弁護士会(Student Bar Association)では副会長に選出され、定時制の学生の代表を務めました。また、Georgetown Journal of Law & Public Policyのスタッフとしても活躍し、シンポジウムのディレクターを務めました。

    Award Mouse thought multimedia interface book medal screen monitor

    学歴

    • ジョージタウン大学ロー・センター, J.D., cum laude, 2013
    • アメリカン大学, B.A., magna cum laude, 2006

    弁護士資格

    • ワシントンD.C., 2015
    • ニューヨーク州弁護士登録, 2013

    {{insights.date}} {{insights.source}} {{insights.type}}
    Award Mouse thought multimedia interface book medal screen monitor