マシュー・ カーク大使

    マシュー・ カーク大使

    インターナショナル・アフェアーズ・アドバイザー

    マシュー・カークは、当事務所の公共政策国際プラクティスのインターナショナル・アフェアーズ・アドバイザーです。ロンドンオフィスを拠点に、ビジネス、政治、国際法に関する戦略的アドバイスを提供しています。また、規制リスク、市場参入、サイバーリスク、レピュテーションリスクに関するアドバイスも行っています。

    彼は外交官としてキャリアを積み、2002年から2006年まで駐フィンランド英国大使を務めました。直近では、ボーダフォン社で渉外担当ディレクターを務めました。

    カーク大使は、複雑な多国籍問題を扱う経験豊富な国際リスク戦略家であり、ネゴシエーターでもあります。さらに、サイバーセキュリティ、政治リスク、規制問題、レピュテーションリスクのほか、社外コミュニケーション、サスティナブルビジネス、企業慈善活動の分野でも経験を積んでいます。

    ボーダフォン社時代には、渉外部を創設し指揮を執りました。カーク大使は様々な環境に適応し、複雑な問題に対して実践的な解決策を提供する機動的なリーダーシップが評価されています。

    Award Mouse thought multimedia interface book medal screen monitor

    学歴

    • オックスフォード大学大学院修士課程修了, M.A.
    • フランス国立行政学院国際行政学科卒業

    言語

    • フランス語
    • 英語

    {{insights.date}} {{insights.source}} {{insights.type}}
    Award Mouse thought multimedia interface book medal screen monitor