デイビッド・T・宮本は、過去25年以上に渡り、米国内外の訴訟、仲裁、裁判外紛争解決手続において、主としてアジアを拠点とする多国籍企業を代理し、それらの企業へ法的アドバイスを提供してきました。特に、ハイテク分野における国際商取引、ディストリビューションおよびライセンシング、金融取引、企業の合併および買収、ジョイントベンチャー、不動産取引から生じる紛争の解決を専門分野としております。また、光ディスプレイ・テクノロジー、医療機器、バイオテクノロジー、ならびにコンピュータ・ハードウェアおよびソフトウェアに関する知的所財産権訴訟も数多く手掛けてきました。域外ディスカバリー、管轄区域を越えた法の適用、抵触法の原則の適用、および複数の国で係属する国際訴訟の調整においても幅広い経験を有しています。

    また、国際商業会議所、香港国際仲裁センター、国際連合国際商取引法委員会(UNCITRAL)、日本商事仲裁協会、韓国商事仲裁委員会、International Institute for Conflict Prevention and Resolution (CPR)等の各機関の規則に基づき提起された複雑な国際仲裁案件を定期的に受任しているほか、米国連邦仲裁法に基づく国際仲裁判断の執行と外国仲裁判断の承認および執行に関するハーグ条約に基づく国際仲裁判断の執行の双方の経験を有しています。

    このほか、数多くの国際的な仲裁、訴訟、紛争解決に関するセミナーやシンポジウムに参画しました。現在米国カリフォルニア州弁護士会国際法セクションに所属しており、最近までは米国弁護士協会国際法セクション国際仲裁委員会共同議長もつとめておりました。

    Award Mouse thought multimedia interface book medal screen monitor

    学歴

    • カリフォルニア大学ロサンゼルス校, J.D., 1981
    • カリフォルニア大学ロサンゼルス校, B.A., 1978

    弁護士資格

    • カリフォルニア州弁護士登録, 1981
    • 外国法事務弁護士登録, 2016

    米国裁判所出廷・弁論資格

    • 米第8巡回区控訴裁判所
    • 米国第9連邦高等裁判所
    • 米国カリフォルニア州連邦地裁
    • 米国北カリフォルニア州連邦地裁
    • 米国南カリフォルニア州連邦地裁
    • ニューヨーク州北部地区連邦地方裁判所
    • ペンシルバニア州西地区連邦地方裁判所
    • テキサス州東地区連邦地方裁判所

    {{insights.date}} {{insights.source}} {{insights.type}}
    Award Mouse thought multimedia interface book medal screen monitor