サム・マッドリックは、米国と海外との間の物品や人員の移動、及び輸出管理規制や海外腐敗行為防止法(FCPA)等の域外適用のある米国法のコンプライアンスについてクライアントに助言しています。

    マッドリックが行う移民法業務は、米国の移民及び国籍に関する法律、規制、政策、コンプライアンスに関する多国間および米国国内の企業及び投資家向けの戦略的カウンセリングに重点を置いています。マッドリックは、ほぼすべてのカテゴリーの非移民、移民及び市民権の申請(これには、ほぼすべての移民及び非移民ビザのカテゴリーにおける政府への申請、関連する異議申立て及び行政手続を含みます。)について豊富な経験を有しています。マッドリックは、M&Aを含む企業再編の結果生じる移民関連問題について、様々なクライアントに助言し、I-9コンプライアンスについてクライアントにトレーニングを提供し、関連する監査を実施し、必要に応じて、執行機関、米国領事館、議会事務所を介して直接的な事案介入を調整して参りました。マッドリックはまた、低所得・非営利・貧困層のクライアントのために、亡命、家族、雇用その他に関する申立てを含む実質的なプロボノの移民法実務を行っています。

    マッドリックは、FCPA関連の内部調査、執行措置、コンプライアンス・モニタリング及び関連するホワイトカラー事案について、米国当局において、米国及び米国外の企業や個人を代理しています。これには、特にエネルギーおよび銀行セクターにおける多国籍企業の海外事業の詳細な事実調査および分析が含まれます。また、マッドリックは、米国の輸出管理規制、制裁、およびテロ対策法を遵守するために、企業及び個人に助言しています。たとえば、企業のコンプライアンスプログラムの策定や必要な許可申請といったことから、訴訟、内部調査、司法省及び米国議会との政府主導の調査におけるクライアントの代理といったことまでを行っています。

    Award Mouse thought multimedia interface book medal screen monitor

    学歴

    • バージニア大学、スクールオブロー, J.D., 2006
    • メキシコ自治工科大学, フルブライト奨学金フェロー, 2002
    • ブリガムヤング大学, B.A., 2001

    弁護士資格

    • ワシントンDC, 2007
    • バージニア州, 2006

    言語

    • 英語
    • スペイン語

    {{insights.date}} {{insights.source}} {{insights.type}}
    Award Mouse thought multimedia interface book medal screen monitor