セーラ・ラスキーは、製造業者が当事者となる訴訟、特に複雑なサプライチェーンに関する紛争を専門とする訴訟弁護士です。全米各地の裁判所において、製造業者を代理して訴訟を闘ってきました。クライアントには、国内外および多国籍の製造業者が名を連ねています。彼女は、高度な技術を集約した製品を市場に投入するプロセスを深く理解しており、裁判官や陪審員に伝えることができます。これまでに、自動車、航空宇宙、食品、医療、建設、オフィス製品などのサプライチェーンに関わる紛争を扱ってきました。また、製品に関わる営業秘密の紛争や、製造業の企業買収に関わる案件の訴訟も担当してきました。

    ラスキーは、優れた訴訟弁護士として高い評価を得ています。2012年には、NITA(National Institute for Trial Advocacy全米法廷技術研究所)が全米で3名選んだNext Generation faculty(若手教育者)のうちの1名となりました。また、クリーブランド大学(州立)ロースクールでは、法廷技術について講義を行っています。40歳以下のオハイオ州の弁護士のうち上位2.5%に与えられるオハイオ州スーパーローヤーズによる「ライジングスター」に8回選出されています。また、Benchmark Litigation によるFuture Litigation Star for 2020にも選ばれています。

    製造業のサプライチェーン問題に対する彼女の関心と関与は、訴訟の枠を超えて広がっています。サプライチェーン契約、国際的なサプライチェーン関係に適用される法律、サプライチェーン契約に裁判外紛争解決(仲裁)条項を組み込むことの妥当性などについて、製造業者に助言を行っています。また、製造業分野で熟練した従業員の育成を行うクリーブランドの公立校マックス・ヘイズ・キャリア&テクニカル・ハイスクールの使命を推進する非営利団体「マックス・ヘイズ・ハイスクール友の会」の諮問委員を務めています。

    ラスキーは、スポーツの法分野でも活躍しています。アスリート、スポーツエージェント、チームなどを担当しています。スポーツ関連の訴訟では、NBAのスーパースターであるレブロン・ジェームズの代理をして勝利を収めています。

    彼女はまた、Squire Patton Boggs Foundationの諮問委員会のメンバーでもあります。Squire Patton Boggs Foundationは、弁護士業務と公共政策の発展における公共サービスの役割とプロボノ活動を推進しています。

    Award Mouse thought multimedia interface book medal screen monitor

    学歴

    • ミシガン大学, J.D., 2001
    • ジョージタウン大学, B.A., 1998

    弁護士資格

    • オハイオ州弁護士登録, 2001

    米国裁判所出廷・弁論資格

    • ウィスコンシン州西地区連邦地方裁判所, 2020
    • オハイオ州北地区連邦地方裁判所, 2001
    • オハイオ州南地区連邦地方裁判所, 2003

    {{insights.date}} {{insights.source}} {{insights.type}}
    Award Mouse thought multimedia interface book medal screen monitor