シニア・ポリシー・アドバイザーのビル・シュースターは、運輸、インフラ、地方自治体など、幅広い公共政策に関する戦略的なアドバイスやコンサルティングをクライアントに提供しています。シュースターは、連邦下院議員在任中、最も尊敬されている議員の一人でした。彼の公共サービスのキャリアは、全米にわたる経済機会の育成、促進、拡大に捧げられました。下院運輸・インフラ委員会の委員長としてシュースターは、米国のインフラ整備のために党派の枠を越えて効果的に働くことで高い評価を得ました。

    シュースターは、2001年に初当選して以来、17年以上にわたってペンシルバニア州第9選挙区選出の下院議員を務めてきました。彼は、米国のインフラと経済の強さが直結していることを認識しており、直ちに下院の運輸・インフラ委員会への参加を希望しました。その後、経済開発・公共施設・危機管理小委員会の委員長、鉄道・パイプライン・危険物小委員会の委員長を経て、2013年に運輸・インフラ委員会の委員長に就任しました。

    シュースターは元下院議員バド・シュースター氏の息子でもあります。

    Award Mouse thought multimedia interface book medal screen monitor

    学歴

    • アメリカン大学, M.B.A., (1987年)
    • ディキンソン大学, B.A., (1983年)

    {{insights.date}} {{insights.source}} {{insights.type}}
    Award Mouse thought multimedia interface book medal screen monitor