デビッド・スチュワートは、公共政策プラクティスグループのプリンシパルであり、税制や国際貿易に重点を置いて、幅広い著名な企業や団体、外国政府のクライアントに戦略的なアドバイスを提供しています。また、公共政策プラクティスグループのポリシーディレクターとして、当事務所におけるリーダーも務めていますいます

    以前は、米国連邦議会下院の歳入委員会の多数派スタッフ・ディレクターを務め、注目を集めた2つの税制法案の成立に大きく貢献しました。この間、彼は下院のチーフスタッフ交渉人として、2015年のPATH法(米国人を増税から守る法律)ではオバマ政権と交渉し、2017年の税制改革法(Tax Cuts and Jobs Act)では米国上院、国家経済会議、財務省と交渉しました。

    下院歳入委員会に携わる以前には、ジョン・A・ベイナー下院議長の政策担当ディレクターとして、議会共和党の目標達成のための長期的な立法・監督戦略を立案・指揮しました。この間、コロンビア、ペルー、韓国との自由貿易協定の成立に重要な役割を果たしたほか、2015年バランス予算法など、オバマ政権との予算・財政交渉でも注目を集めました。

    2012年にロムニー氏の知事および大統領候補としての経済政策ディレクターに就任するため、議長室を休職しました。さらに、副大統領候補のポール・D・ライアン氏の政策担当ディレクターとして、選挙まで同氏と行動を共にしました。その後、ベイナー議長の退任に伴い、ライアン氏とそのスタッフの議長職への移行をサポートしました。

    スチュワートは、最初に、フィル・イングリッシュ下院議員(フィラデルフィア州選出、共和党)のスタッフとして公職に就き、8年間の在職中にさまざまな役割を果たしました。イングリッシュ下院議員が所属していた下院歳入委員会での税制、国際貿易、社会的権利などの政策問題を中心に担当しました。

    Award Mouse thought multimedia interface book medal screen monitor

    学歴

    • サンディエゴ州立大学, B.A.
    Award Mouse thought multimedia interface book medal screen monitor