スコット・ウォーレンは、日本・アジアにおけるサイバーセキュリティ、データプライバシー、およびデジタルデータ開示を主な取扱分野とするチームを指揮しています。

    ウォーレンは、国際・国内企業に対して、デジタル化におけるコンプライアンス、eディスカバリー(電子証拠開示制度)、およびデータプライバシーについて法的アドバイスを行っております。これまで、コンプライアンス、知的財産、訴訟、仲裁、政府規制、および内部調査の分野においても豊富な経験を積んでいます。

    また、ハイテク、ソフトウェア、小売、医療、製薬、自動車、銀行、貿易、通信、プロフェッショナルサービス等幅広い業界の多国籍企業に対してアドバイスを提供してまいりました。

    また、ウォーレンは、国際サイバー犯罪対策の専門家としても認定されております。

    Award Mouse thought multimedia interface book medal screen monitor

    専門分野

    • サイバーセキュリティ&データプライバシー
    • 知的財産法
    • 企業法務

    学歴

    • サウスウェスタン大学スクールオブロー, J.D., 1987
    • , B.A., 1984

    弁護士資格

    • カリフォルニア州弁護士登録, 1987

    米国裁判所出廷・弁論資格

    • 米国第9連邦高等裁判所, 1987
    • 外国法事務弁護士 登録(2017年)
    Award Mouse thought multimedia interface book medal screen monitor