フランク ウィスナー

    フランク ・G・ ウィスナー

    インターナショナル・アフェアーズ・アドバイザー

    フランク・G・ウィスナー大使は、ワシントンDCとニューヨークのオフィスから、ビジネス、政治、国際法に関する戦略的なグローバルアドバイスをクライアントに提供しています。

    ウィスナー大使の外交キャリアは40年、そしてアメリカ合衆国大統領8名の任期に及んでいます。国務省における長きにわたるキャリアにおいて、ザンビア、エジプト、フィリピン、そしてインドの大使を務めました。

    渉外顧問として、ウィスナー大使は、中東、インド、ヨーロッパ、アジアでの豊富な経験を活かし、米国内外のクライアントを支援するなど、当事務所の重要な役割を担っています。

    ウィスナー大使は、4カ国の大使としての役割に加え、国防次官(政策担当)、国務次官(国際安全保障担当)を歴任しています。南部アフリカでの外交活動が活発であった1982年から1986年までの間、アフリカ問題担当の上級副次官補を務めました。

    1961年にプリンストン大学を卒業した後に、外交官として国務省に入省しています。最初の赴任地はフランスから独立した直後のアルジェでした。その後、ベトナムに赴任し、戦争の最中で4年間を過ごしました。

    当事務所入所前、ウィスナー大使は、アメリカン・インターナショナル・グループの渉外担当副会長を務めていました。

    法律の実践と公共政策の発展における公共サービスとプロボノ活動の役割を推進するスクワイア・パットン・ボッグス財団の理事を務めています。

    Award Mouse thought multimedia interface book medal screen monitor

    学歴

    • ジョージタウン大学, LL.B., 1965
    • ジョージタウン大学, A.B., 1961
    • プリンストン大学 , B.A., 1961

    {{insights.date}} {{insights.source}} {{insights.type}}
    Award Mouse thought multimedia interface book medal screen monitor