莊凌云は、米国、日本及び中国で法学教育を受け、複雑な国際取引に関する法的アドバイスの提供と助言に長けています。主な取扱分野は、外国直接投資、企業買収、国際商取引、独占禁止法、消費者対応及びIT・メディア・通信分野におけるクロスボーダー案件などです。また、コンプライアンス、クロスボーダーライセンス、関税対応及び紛争解決においても豊富な経験を有しています。

    莊凌云は、当事務所に入所する前は、日本大手法律事務所の東京オフィスで勤務していました。弁護士としての経歴以外にも、日本多国籍企業の東京本社で北米・アジア事業戦略に携わった経験を有し、また、中国多国籍企業日本法人での新規ビジネス立ち上げの経験も有しています。

    莊凌云は、英語、日本語及び中国語が堪能であり、東京及びロサンゼルスを拠点としています。

    Award Mouse thought multimedia interface book medal screen monitor
    • 日本大手機械メーカーによる中国企業買収に関する法務デューデリジェンス、独占禁止法当局への届出対応についての助言
    • 日本大手商社の中米地域小売り事業の買収及び進出についての助言
    • ドイツ大手企業による中国企業(多国籍実験設備企業)買収に関する法務デューデリジェンス
    • 日本大手精密機器メーカーのインドにおけるアンチダンピング調査の回答書の作成、及び調査対応のサポート(インド政府は、同企業によるインドへの製品輸入については、ダンピング税非課税を決定)
    • 日本大手音響設備メーカーの中国、台湾、香港における製品トラブル対応(欠陥報告の義務、リコール義務等)についての助言
    • 日本大手テレマーケティング企業の上海自由貿易区でのコールセンター事業についての助言
    • 日本主要銀行における行内人事データ管理に関する、中国の個人情報保護関連法制についての助言
    • 中国上場メディア・映画製作企業による日本企業の有名アニメーション作品の著作権ライセンスの取得についての助言
    • 日本の著名映画監督の長期顧問を務め、同映画監督のアジアにおける越境映画製作等のプロジェクトについて助言する

    学歴

    • 米国スタンフォード大学法科大学院修了, 法学修士号取得, 2020
    • 横浜国立大学, 法学修士号取得, 2008
    • 华东政法大学学士, B.A., 2004

    弁護士資格

    • 中華人民共和国, 2010

    言語

    • 英語
    • 中国語(北京語)
    • 日本語
    Award Mouse thought multimedia interface book medal screen monitor