スティーブン・土居は東京オフィスのマネージング・パートナーです。企業のM&A、プロジェクト・ファイナンス、ベンチャー・キャピタル取引(投資家側)を含む一般的な企業取引を主な取扱分野としています。M&Aにおける豊富な経験により「Asialaw Leading Lawyers and The Best Lawyers in Japan 2009年版」に名前を連ねています。

    これまでに、アメリカ合衆国、日本、中国、韓国、シンガポール、タイ、ニュージーランド、オーストラリア、フィリピン、イギリス、ベルギー、フランス、ドイツなどの公開および非公開企業の法律顧問を受任した経験を有し、また、アメリカ合衆国、日本、中国、タイ、オーストラリア、サウジアラビア、ベネズエラ、マレーシア、インドネシア、フィリピンにおける独立電力プロジェクト、民営化ならびにその他のエネルギーおよびインフラに関するプロジェクトに対して法的アドバイスを提供した経験を有しています。

    2009年から2013年まで、スクワイヤ・パットン・ボッグスLLPのグローバル・ボードのメンバーとして、事務所のグローバル経営に携わっていました。

    • 第二東京弁護士会に所属
    Award Mouse thought multimedia interface book medal screen monitor

    学歴

    • カリフォルニア大学ロサンゼルス校, J.D., 1986
    • ポモナ大学, B.A., 1983

    弁護士資格

    • 外国法事務弁護士登録, 1994
    • カリフォルニア州弁護士登録, 1987

    {{insights.date}} {{insights.source}} {{insights.type}}
    Award Mouse thought multimedia interface book medal screen monitor